MEDIA

otonakaranoballet.jpg
otonakaranoballet3.jpg
otonakaranoballet2.jpg

「大人からのバレエ8」に掲載されました。

パドドゥ、バリエーションが学べる大人のクラシックバレエスタジオとして、P36~P37に紹介されました。
本当はパドドゥの方で取材したかったようですが、たまたま発表会前でお休みだったので、バリエーションクラスの取材を受けました。取材時、いつか全幕舞台を上演したいですねー、って私が言葉にしたことがきっかけになり、この後、ドン・キホーテ、ジゼルの全幕を演出しました。
私が何気なく話した話をとても生き生きとした文章にしていただきとても感謝しています!

cosmopolitan.gif

コスモポリタン日本版 2000.9.20号に掲載されました。

「インターネット 私だけのお気に入りサイト集 131」のページです。超定番からレア・ページまで、有名人・業界人がお気に入りを大公開しています。
P134からの特集記事で、大人のバレエ「ミストラルバレエスタジオ」をイラストレーター羽鳥由紀さんがオススメしてくれております。(P140)
イラストレーターの羽鳥由紀さんは、キュートな女性のイラストに定評があり、ライフスタイルを描く際の資料探しや目の保養に、見て楽しいサイトを活用中だそうです。(コスモポリタン本文より抜粋)

感激です。これからも単なる大人のバレエスクールHPでなく、
皆様に楽しんでもらえるようなページ作りに励んでいきたいと思います。
本当にありがとうございました!

バレエスクール
「ワンダフル」ミニバレエドラマのちょっとした制作のお話です。

※『ワンダフル』(Wonderful)は、TBS系列で1997年9月29日から2002年9月26日まで放送されていた生放送の深夜番組。一部の放送局の番組表では「週間ワンダフル」とも表記されていた。

番組プロデューサーから私のHPを見て突然メールをいただいたのが、2000年5月28日、それからなんだかすごい勢いで撮影に取り掛かりました。まず話をいただいたとき、私が出演するんだったらどうしようーなんて、勝手に困っておりましたが、

なーんだ、指導の話でした。・・・(笑)

何でも番組女性プロデューサーがその昔バレエを何年かやったことがあり、それ以来、いつかこういう企画をやってみたかったらしいのです。で、今回の監督にも少しはバレエのことをわかってもらうために、昔のバレエ漫画「アラベスク」や、「SWAN」を見せ(な、なつかしい!私もはまりました)、予想以上にこの世界にはまってしまったそうです(笑)
撮影前日、監督と打ち合わせをした時、すっごい熱意を感じました。「私はまじめにこのバレエドラマを撮りたいんです!」と。うれしかったですね、深夜のバラエティ番組だからなぁってちょっと思っていましたから。

でも、撮影までは超忙しかったです。まず衣装集め。主演の森 瑠花さん演ずる白鳥菜々と黒岩バレエ団プリマ苑子役の君嶋 ゆかりさんが「眠り」のオーロラ姫の踊りで対決するシーンがあるのです。インターネットで知り合った衣装屋さん「C.B.A.」に相談したところ、この番組のための飾り付けをして2着貸してくれることになりました。
時間がほとんどなかったのに、ムリを言ってしまいました。・・・
男性衣装は私の生徒である、和男さんから借りました。この衣装はミッシェル先生役の岡田 真善さんが着ました。

そして、音楽。
瑠花さんと岡田さんが夜お稽古をするシーンでは白鳥の第2幕のパドドゥの音楽が流れます。
友人の発表会で使用したMDを借りました。2人が対決する眠りのソロの方は私が持っているCDの速度を遅く変えて使用。シューズは私がいつもお世話になっている「シルビア」さんがタイアップしてくれました。

そして撮影。
1日で撮り終える予定が結局、2日間かかりました。
撮影って時間がかかるって聞いてはいたものの、ホント大変なんですね。まず、1日目は埼玉県の芝公民館。ダンスシーンを撮るところが、体育館の床ですべるのが難点。
この日は大学生の吹き替えダンサーを2人私が用意し、ストレッチシーン、団員のお稽古シーン、そして吹き替えダンサーを使って瑠花さんと岡田さんの白鳥の第2幕パドドゥのシーンを撮りました。この女性ダンサーは元東京シティのるいさん(きれいでしたよー)、
男性は見つからなかったので、私がみようみまねで男性の手のポジションを決めました。
(実はネット上でも男性ダンサー募集って出したんですが、ダメでしたねぇ。)
男性ってサポート大変なんですね。でもさすが俳優さん、瑠花さんも岡田さんもなんだかバレエダンサーみたいになるから凄い。ドラマ本番ではアニメシーンと絡んで映るらしいです。
この日るいさんは、最後のオーロラ姫の対決シーン用に瑠花さんのバリエーションも撮影。
即興で振り付けして踊ってもらいました。さすがプロダンサー。

撮影2日目。この日は用賀ホリプロスタジオ。またまた団員役が必要だったので、友人のリールバレエスタジオから高校生2名をお借りし、撮影。テレビドラマの撮影現場がものめずらしかったらしく、2人とも楽しそう。うち1人に、君嶋さんの分のオーロラのソロを踊ってもらう。
高校生とはいえさすがバレリーナ、即 踊りきってました。この日も2人を使って団員のお稽古シーンを撮り、あとは瑠花さんの上半身だけバレリーナになってもらう指導をしました(足元は吹き替えだから)。でも、瑠花さんはバレリーナっぽかったですね。お顔も小さいし、手もきれいだし。君嶋さんの方は前にバレエを習っていたので、ほとんど私の指導もなく、撮影が出来ました。でも君嶋さんって美人ですねー。しみじみ。岡田真善さんは岡田真澄さんの息子さんで、そう、確かに少し似てますね。役名の「ミッシェル先生」ぴったりのかっこいい方です。

なんだかバタバタしてしまいましたが、無事2日間の初ドラマ撮影参加が終わりホッとしています。実際私も放送を見ましたが、3分間くらいの短いドラマで、ミストラルバレエの名前と私の名前がこれでもか、っていうくらい大きくテロップで表示されました!

p.s. 前にもTBSさんからダイエット番組の指導者役をお願いされたことがあるんですよ。太った女の子がバレエをやって痩せられるか、みたいな企画。そのときは出演もあるみたいだったから

断りましたけど、HPを出しているといろんなことがあるんですね。また何か次にもあるんだろうか?・・・